黄昏のサバヒー

伊豆の水温も黒潮の接近により20℃を越す温かさです。
ウェットダイバーもチラホラお見かけするようになってきました。

これから一気に夏モード!
日に日に増える生物たちに会えるのが楽しみです。

さて、フィリピン・アニラオにてウェット解禁してきました〜!

アニラオは、フィリピンの首都マニラより車で約3時間。
バタンガス州のマビニという小さな半島にあります。

フィリピンと言えばコーラルトライアングルにも入る、世界一のサンゴ海域。ダイバーの聖地ですね。
そこに住む生物はやはり凄かった!

ポイント「ソンブレロ」ハナダイの大乱舞!

レックポイント「ダリラウト」真っ白なボロカサゴ!

何気に好きな生物。モンハナシャコ。

アニラオといえば、コールマンシュリンプ。

ウミウシもいっぱい!

イバラタツも居ましたよ〜。

やっぱりアイドルはこの子!

そして今回!宮本の胸を打ったのは何と言ってもサバヒー。

ご存知でしょうか?
熱帯・亜熱帯に生息する海水魚なのですが、これがまた美味しいんですよ!!

手前にあるのがサバヒーの肉詰め。絶品。

日本では馴染みのない魚ですが、台湾・東南アジアでは養殖までされる大衆魚なのです。
英名「Milkfish」の名の通り、口の中でとろける味がたまらんのです。
水中でも見てみたいなぁ、と思うのはダイバーの性ですかね?

日本に帰ってからもサバヒーが食べられるお店を目下捜索中。
ご存知方は是非教えてください。
ああ、サバヒーが食べたい。。サバヒーロス。

アフターダイブは夕日を見ながらのんびり。

少し脱線してしまいました(笑)が、是非皆様にオススメなフィリピンダイブ。
来年のリゾートツアーも既に予約受付中です。

興味ある方は是非、スタッフに聞いて見てくださいね。
ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました。

宮本

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。