宮古島シュノーケリングツアー報告

11月8日(金)~10日(日)で宮古島シュノーケリングツアーに行って来ました。

北東風が強く、夜は少し肌寒く感じましたが、なんだかんだで3日間晴れ!で今年最後のNPOリゾートツアーを締めくくることができました。

初日は南部のシギラビーチでスタート。 コモンエダサンゴが群生する浅場で、じっくりと魚の観察が出来ます。 リピート決定!(笑)

エコガイドカフェの猪澤さんにサンゴの説明をしていただきました。
宮古島のサンゴが元気なのも、この人がいるから。

2日目のカヤッファビーチは、白化現象から復活したサンゴが元気に生育していました。
クマノミマンションにはハマクマノミもいっぱい!

下地島の渡口の浜ビーチ。いつ来ても、いやされます。
ここを歩く時は裸足になるのがマル!

エダサンゴに群れるデバスズメダイのシーンは、いつまででも見ていられます。

毎度のことながら、3日の時間が過ぎるのが早いこと。
また来年、戻って来ます。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
また海でお会いしましょう!!

NPO 松本

NPO パパラギ“海と自然の教室”では、海で遊ぶ楽しさや自然から学ぶことの素晴らしさを、一人でも多くの方に知っていただきたいと思い活動をしています。
“まずはもっと海や自然の事を好きになろう!”
これが私達の活動のテーマです。
ダイバーじゃなくても、海に行こう!もっと海を好きになろう!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。