島旅、八丈島。

透明度30m、水温27℃!!
すっかり夏本番の伊豆七島の最南端 八丈島へ行ってきました。

こんにちは。立川店の高橋です。

八丈島といったら溶岩が流れた影響でダイナミックな地形が盛りだくさん。
黒潮と溶岩の恵みが作り出す「八丈ブルー」の世界をたっぷり満喫してきました。

また、ここは沖縄かー(!?)って思うくらい東京にいながらも一面に広がるサンゴの世界!
伊豆(温帯)、沖縄(熱帯)、小笠原(亜熱帯)の魚が同時に観察できる特殊な水中です。

八丈島、第2の名物アオウミガメ!!

いたるところにカメ。
飽きるほどにカメ。
事あるごとにカメ。

そのお陰で皆さんウミガメの種類の見分け方もカンペキになりました!

紹介しきれないほど、生物盛りだくさんでしたー。
この2日間でウミウシも30種類も観察できました。

最後はマイナスイオンを求めて、滝までお散歩。
「青の世界」から「緑の世界」まで、、これぞ島旅!
片道約10時間の船旅を経て、島に行った甲斐がありました。

ご参加いただきました皆さん、ありがとうございましたー。

立川店 高橋

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。