夏の準備にアドバンスを【前編】

沈船って行きたくない?

ある日の池袋店。小渕instとパルクールアスリート泉ひかりさん、TWINSコウさんがお茶を飲んでくつろいでるとTWINSひろむさんがマスクの中に目隠しを仕込んでフラフラと近づいてきた…。

コウさん:な、何してんの?ひろむ!
ひろむさん:何って訓練や、訓練してんの。
コウさん:訓練て何の?目隠しするダイビングなんてある?
ひろむさん:知らんの?海難救助隊の訓練で沈船を使ったこういう訓練があるんだって。

コウさん:わかったわかった!まぁ、座れよ。
ひろむさん:いいか?俺は沈船に潜りたいからダイビング始めたんだよ。そろそろ沈船の予定立てようよ!

コウさん:いいね、沈船。行きたい行きたい。
泉さん:私もいきたい!

コウさん:小渕さん、沈船に行くにはどうしたらいいです?
小渕inst:そうですね、まずはアドバンスを取りましょうか。深いポイントが多いので落ち着いてディープダイビングができるようになっておきましょう。

そんなワケでこの夏、アドバンス取得を決意した3人。
早速マニュアルを受け取りアドバンス取得までの案内をじっくり聞くのでした。

5つのダイビングと準備

ひろむさん:キターこのマニュアルのブ厚さ!
コウさん:そうそうこれコレ(笑) オープンウォーターの時を思い出すわ!
ひろむさん:厚いと思うかは気持ちで変わるな!

そう!やってみたいダイビングがあるからこそアドバンス取得にも熱が入るってもんです。
アドバンス講習自体5つの違ったプログラムで構成されています。
ディープダイビングだけでなく、水中写真や生物に詳しくなれるナチュラリストなど。
コースを受けている時の1ダイブ1ダイブが楽しい内容になっていますよ。

そして安心してください。学科の内容はこのマニュアルの全部ではないですから(笑)
マニュアルの内容は全部で13のダイビングが乗っていますが、そのうちの5つを今回はやります。

詳しいアドバンスコースについては下の動画を是非ご覧ください!

【ダイビング】そもそもアドバンスコース自体がオモシロい?!リゾート行く前には必ず取っておきたいランク。

泉さん:水中写真もやってみたかったー!

アドバンスコースの中でも人気なのが水中フォト。
パパラギのアドバンスコースでは無料のカメラレンタルを行っています。初めてカメラを使う方でもカンタンに撮れるOLYMPUSのタフシリーズ。コレがホントにすぐ綺麗に撮れちゃうんです。講習の時に自分で撮影した画像データは持って帰れますのでSDカードの用意をお願いします。

小渕inst:アドバンスコースの時には他にナイフ、ライト、水中ノートが必要になります。
あとはディープダイビングの時に重要になってくるのがダイブコンピューターですね。

コウさん:コンピューターはもう持ってるんでナイフとかの用意が必要ですね、僕らは。

アドバンスに必要な器材やマニュアルの説明を受けた3人は海洋実習が楽しみになるばかり。

コウさん:そういえば泉さんWETスーツ持ってなくない?
泉さん:うん、持ってないね。
ひろむさん:夏にアドバンスやるってことはWETスーツも作っといた方がいいんじゃない?
泉さん:そうだね、WETスーツを持たないってことはないもんね(笑)

WETで快適に潜れる伊豆のシーズンは7月頃からでしょう。3人のアドバンス講習は7月頃を予定していたのでWETスーツはマストですね。
是非フルサイズオーダーで作ってもらいたいところです。

さぁ、昨年から素敵なダイビングライフが始まったYouTuber・TWINSのお二人とパルクールアスリートの泉ひかりさんのアドバンスダイバーへの道がスタートしました!

今年も暑い夏がやってきます。
秋から冬にダイビングを始めた方にとってはダイバーとして初めて迎える夏!こんなに楽しみな事はないですよね。
夏の準備は進んでいますか?

この3人のように是非自分のやってみたいダイビングに向けて予定を立ててみてください。
どんどん水中世界の幅が広がって楽しくなるばかりですよ。

アドバンスコース詳細についてはコチラをご覧ください

では、「夏の準備にアドバンスを【後編】」は首を長ーくして待っててください(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。